NEWS & TOPICS

【1月18日東京セミナー開催】4名の豪華な講師陣による 「病院経営に関する最新情報」をお届け

2018/12/13セミナー

このたび当社では、2019年1月18日(金)に
『経営改革』『健康経営』『働き方改革』『モンスターペイシェント』の4つのテーマで
セミナーを開催いたします。

各テーマのスペシャリストであり、現役の病院副院長や医療系に強い弁護士・社労士といった豪華な講師陣をお迎えし、
実際のケース・スタディを含めてわかりやすくかつ現場レベルで役立つ情報をお届けいたします。

【日時・会場】
2019年1月18日(金)13:00~17:30(開場12:30)
TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター

【内容】
第一部「成功する病院経営 ~戦略とマーケティング~」
(講師)千葉大学医学部附属病院 副病院長・病院経営管理学研究センター長 井上 貴裕 氏
    医療機関を取り巻く環境が厳しさを増す中、安定経営を実現するには地域住民から選ばれる病院になる必要があります。
    変化する医療環境にどのように対応すべきか、どう病院を導いていくのか、短期的施策だけでなく
    中長期的視点で、客観的データと講師の経験に基づきお話します。

第二部「医療現場のクレーム対応 ~モンスターペイシェント対策~ 」
(講師)岩田合同法律事務所 弁護士 鈴木 正人 氏
    悪態をつく、理不尽な対応を強要するなど、近年急速にモンスターペイシェントが増えてきたと感じている
    医療関係者も多いのではでしょうか。その影響は時として病院全体へ深刻なダメージを与えかねません。
    今回は損害の拡大を防ぐための対処の基本について、実例等に基づきお話します。

第三部「病院経営における『健康経営』への戦略的な取組み」
(講師)鳥飼総合法律事務所 弁護士 小島 健一 氏
    企業経営者の間で「健康経営」への関心が高まりつつあります。
    “社員を大切にする会社”というメッセージが人材確保の強力な武器になることから取組みが始まりましたが、
    経営トップ自ら“産業保健”に真剣に取り組むことによる人材の活性化、職場の関係性の改善、
    事業の業績の向上という、より大きな経営上の効果を実感する経営者が増えています。
    では、病院は医療の専門家なのだから、「健康経営」など後回しで構わないのでしょうか。答えは否です。
    今こそ、病院経営者は、内部・外部の双方との関係で自病院を差別化し、生き残りと飛躍を果たすために、
    「健康経営」に戦略的に取り組むべきなのです。多くの企業をクライアントとして、人事労務と産業保健を
    支援してきた経験に基づきお話します。

第四部「働き方改革を医師と看護師の定着と確保につなげるには?」
(講師)医療人事労務問題研究会(元旭中央病院)社会保険労務士 河北 隆 氏
    せっかくの「働き方改革」を医師の「働き方規制」にせず、医師自身に「自分たちの働き方を見直そう」という
    動機付けを行うには。また病院として、看護師を定着させ、確保する力を高めるには。
    「働き甲斐のある、働きやすい職場づくり」を進めるため、医療機関の人事労務管理の観点から
    「働き方改革関連法」のポイントをふまえ、医療現場の現実に即した「働き方改革」と
    それを医師や看護師の定着と確保につなげる諸施策を提案します。

※セミナー終了後に、懇親会も予定しております

【参加人数】各回先着50名様
【参加費】お一人様5,000円  懇親会 5,000円/人
※当日受付にてお支払いをお願いいたします

▼お申込みは こちら から承ります▼

■お問い合わせ
株式会社MHA セミナー事務局
受付時間:  土日祝を除く10:00~17:00
電話  : 03-4500-2893